よくつかうコマンドいろいろ

0

    ■ゴミファイル削除

    find . -name ".DS_Store" -print -exec rm {} ";"

    ■zip圧縮
    zip -r ../htdocs.zip ./*

    MACでゴミを残さないzip圧縮

    0

      ■カス削除くん

      マック固有の不可視ファイルとか、アドビ製品使用でなにかと汚れるフォルダ内から、納品に不要なファイルを一掃してくれる便利ツール。アップデートが滞っていて最新のAirに非対応だったため、Airを更新しないままだましだまし使っていたが、なんと1年前にアップデートされていた。

       

      https://github.com/ics-creative/project-refuse-deleter-air/blob/master/ReadMe.md

       

       

      ■結局コマンドで圧縮

      カス削除君を使っても実は完璧じゃなく、MAC特有の「zip化するときにゴミを生成する」という、立つ鳥跡を濁しまくりの謎仕様のため、「このファイルなんすか」問い合わせは不可避。最終的にはコマンド使うのが確実のよう。面倒だけど。コマンド大嫌いだけど。

      仮にデスクトップに、すでに「カス削除くん」を適用済み「htdocs」フォルダがあるとする。

      cd desktop/htdocs

      zip -r ../htdocs.zip ./*

      すると、デスクトップにhtdocs.zipが生成される(../がないと、フォルダの中に入っちゃう)


      ipadでスクロールを無効化。画面を固定する

      0

        document.addEventListener('touchmove', function(e) {
            e.preventDefault();
        }, {passive: false});


        document.documentElement.addEventListener('touchstart', function (e) {
            if (e.touches.length >= 2) {e.preventDefault();}
        }, {passive: false});


        var t = 0;
        document.documentElement.addEventListener('touchend', function (e) {
            var now = new Date().getTime();
            if ((now - t) < 350){
                e.preventDefault();
            }
            t = now;
        }, false);


        touchswipeする要素の中のタグを無効化。excludedElements

        0

          書いたとおり。

          TIPSなさすぎ。

           $("#osusume .framein").swipe( {
                  swipeLeft:function(event, direction, distance, duration, fingerCount) {
                  },
                  swipeRight:function(event, direction, distance, duration, fingerCount) {
                  },
                  preventDefaultEvents:false,
                  allowPageScroll:"none",
                  excludedElements:"a",
                  maxTimeThreshold:200
              });


          Tweenの並行実行

          0

            ひとつのオブジェクト(target)の複数のパラメータを異なるタイミング・イージングでアニメーションさせたい場合の書き方メモ。

             

             var timeline = new createjs.Timeline([], { start: 0 }, { paused: true });
                        timeline.addTween(
                            createjs.Tween.get(target).wait(0).to({ x: 100 }, 1000, createjs.Ease.quartOut),
                            createjs.Tween.get(target).wait(100).to({ y: 100 }, 1000, createjs.Ease.quartIn)
                        );
                        timeline.gotoAndPlay('start');


            | 1/21PAGES | >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            recommend

            profile

            BOOKS

            links

            search this site.

            others