宝箱に薬草しか入っていないのはなぜ?

0
    常に死と隣合わせのダンジョン。捜索半ばにして宝箱を発見。目的のものではないとしたら、洞窟を住処としていたゴブリンのものか。はたまた地上で犯罪を犯した盗賊が命からがらに隠したものか。豪華な財宝とまではいかなくても、危険な罠をかいくぐってきた冒険者を慰めるくらいの金銭ぐらいあるに違いない。期待を胸に宝箱に手を伸ばす。すると…

    「やくそうをみつけた」

    …財宝はおろか1ゴールドすらなく、町の道具屋で捨てるように売っている初期アイテム「やくそう」が一束のみ。これはどういう状況か。

    いっそ空っぽのほうが理解できる。自分が来るより前に誰かが先に見つけて中身を取り出したのだろう。しかし、薬草だけポツンと入っている状況は理解し難い。誰が何のためにこんな嫌がらせをしたのだろう。エイプリルフールか。冒険者が歓喜に満ちて宝箱を開け、落胆する様子を想像し酒の肴にするような、頭のいいゴブリンでもいたというのか。

    もしかしたら、やはり宝は誰かに持っていかれたのかもしれない。そしてその人物が代わりに薬草を放り込んでいったというのはどうだ。しかしここはダンジョンの最深部。戻る道とて安全とは言い切れない。となれば薬草ひとつここに置いていくことは、大変なリスクとなる。というか、そもそもその行為自体意味不明だ。

    だとしたらこうだ。実は、薬草には金属の酸化や腐食を防ぐ作用があったのかもしれない。財宝と一緒にしまっておくことでその輝きを長持ちさせる、クレ556とかタンスにゴンのような効能があるに違いない。その証拠に、薬草はいつまでたっても腐らない。長いことバックパックに入れっぱなしでも新鮮なままだ。科学が未発達な剣と魔法の世界で、皆経験としてこの作用を知っていた。つまり、本来は財宝と薬草がセットで収められたが、財宝だけが持ち去られ、防腐剤の薬草だけが残ったという筋書きだ。もちろん、これとて腐っているわけではないのだから、持っていけば役立つところだが、宝に目が眩んで存在に気づかなかったか、重量制限を考慮したか、何かしらの理由でそのままにされたわけだ。

    薬草をはじめ、RPGに登場する宝箱は、箱そのもののほうが価値あるダロと思ってしまう程、魅力のない内容に悩まされることが少なくない。そのガッカリ感ときたら、ある種モンスター以上に脅威かもしれない。なので、ダンジョンで宝箱を見つけても「どうせまた薬草だけなんだんべ?」と、あらかじめ群馬弁で予防線を張るようにしている。そう考えておけば、案の定薬草が出たとしても…うん、それはそれで相当イラッとする。


    評価:
    村山 誠一郎
    ソフトバンク クリエイティブ
    ---
    (2006-09-08)


    コメント
    コメントする








       

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    BOOKS

    links

    search this site.

    others